カナダ留学には暖かいバンクーバー

バナー

カナダ留学には暖かいバンクーバー

学生があまり行きたがらない留学先はカナダ留学です。

なぜ、行きたくないのか聞くと「寒いから行きたくない」と答える人もいますが、冬になると寒いのは日本でも同じで日本でも地域によっては暖かいところと寒いところがあるようにカナダにも暖かいところと寒いところがあります。

バンクーバーは冬になると最低気温が-20度になりますが、確かに外出すると寒いので誰も外出しようとしないのです。

ですから、室内の気温が問題になりますが、室内の気温は東京よりもバンクーバーのほうが暖かいのです。

nanapiのホームページをチェックしましょう。

バンクーバーでは大家が室内の気温を一定に保たなければいけないというルールがあるので、冬になると自動的にセントラルヒーターのスイッチが入るようになっています。
このようなルールがあるので真冬でも24時間暖房がついているので朝には寒くて布団から出たくないといったことはないのです。


24時間暖房がついているのでバンクーバーの人は真冬でも室内でもTシャツで過ごしています。



ですからカナダは寒いという自分勝手なイメージでカナダ留学をしないのは非常にもったいないことです。

カナダ留学に関する情報を提供中です。

カナダ留学をすると必然的に英語力がアップするので真冬の寒さ対策さえできていれば、生活に困ることはないのです。

真冬でも室内は暖かいので真冬でもカナダ留学をする留学生が多いことになります。

寒さが不安な人でも一度バンクーバーに住んでみると本当に住みやすい国ということが、身にしみて分かります。